シンガポール永住権 >医療・教育・社会保障情報

医療・教育・社会保障情報

シンガポール一般情報一覧

医療制度

シンガポールの医療はとても高水準です。
社会保障制度において、シンガポール国民はCPF制度という中央預金制度の中に含まれている医療費を積み立てして、それを保険のように自分や家族の医療に使うことができるようになっています。しかし、その他にも任意の保険に加入することをお勧め致します。

外国人居住者の場合、保険制度がないので任意保険に加入しなければいけません。 シンガポールの医療費は、設備やサービスに応じて費用は大きく変わります。


救急車は995のコールで呼び出しが可能です。
無料ですが、当然重症者の利用に限られ、病院の指定はできません。(公立病院)       

ページトップへ

シンガポール教育制度

シンガポールは英語教育、そして能力別教育としても先進国としてとても有名です。
公用語はあくまでもマレー語ですが,、学校までの平均的な授業内容は、英語32%、母語(マレー語)26%、算数20%、その他22%という割合になっています。その他、英語の授業に加え、算数や理科など、どの授業にも英語で行われているので計73%もの英語が授業で使われていることになり、英語を学ぶ環境としては最適な環境といえるでしょう。

ページトップへ

年金制度【CPF制度】

シンガポールには日本の年金、医療保険制度のような社会保険制度がない。
しかしCPF【Central Provident Fund 】制度という中央積み立て基金がある。


1955年に設立されたこの制度は、国民が給与の2割を国の管理下にある個々人の口座に積み立てることが義務付けられている。利用に応じて引き出せるよう、下記の3種類が作られる。

1. 普通口座
2. メディセブ医療補助口座
3. 特別口座


そして、この口座からは教育費や医療費などの用途を国が承認さえしてくれれば、その利用に応じて積立金から払うことが可能になる


ページトップへ

▲ トップページへ戻る