シンガポール永住権 >国別リタイアメント情報 >フィジー諸島共和国

国別リタイアメントビザ情報

フィジー諸島共和国

基本情報

フィリピン余暇退職庁
 首 都
 スバ(16.5万人、96年調査)
 人 口
 85.4万人(00年フィジー政府統計局)
 面 積
 1万8,333km 2 (四国とほぼ同じ大きさ)
 言 語
 国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語と英語。80前後の言語がある。
 通 貨
 フィジー・ドル(F$) ※1F$=0.4843米ドル(02年平均)
在留邦人
 370名(2003年10月現在) (援助関係者、観光業関係者等)
 宗 教
 フィジー系はほぼ100%キリスト教、インド系はヒンズー教、回教。
 全人口に占める割合はキリスト教52.9%、ヒンズー38.2%、回教7.8%(86年調査)
 気 候
 温暖な気候で、平均気温は23〜28度。 5〜11月の乾期と12〜4月の雨期に分けられ、
 スコール(夕立)がある。南半球のため季節は日本とは逆となる。

フィジー諸島共和国のホテル・コンドミニアム情報
■ デナラウ島 ■ ヤヌサ島
■ ヴァヌア・レヴ島 ■ マロロ・ライライ島
■ ベンガ島
イメージ


ページトップへ

フィジー諸島共和国概要

フィジーは、火山活動や珊瑚礁の隆起によりできた約330の島々からなりますが、人口約77万人(96年政府推計)のほとんどは二つの大きな島(ヴィティ・レヴ島、ヴァヌア・レヴ島)に集中しています。民族は先住民のフィジー系と英国植民地時代以降移住してきたインド系にほぼ二分され、その他欧州系、中国系、ポリネシア系、その他近隣島嶼国系、これらの混血などが人口の約2%を占めています。

 99年5月に行われた総選挙では初のインド系首相が誕生しましたが、2000年5月には民間人と一部の軍関係者が約2ヶ月にわたって閣僚や国会議員を人質に国会辞任等を要求する事件が起こりました。しかし、2001年8月に行われた総選挙で民主政治が復活し、フィジーは国際社会における評判を急速に取り戻しつつあります。

※出典「在フィジー大使館」

リタイアメントビザ情報


リタイアメントビザ名

居住ビザ

年齢制限

45歳以上

有効期間

3年間

必要資産

※下記のいずれひとつの条件を満たすことが必要
@独身は年間3万フィジードル(約200万円)の年収。
A2人以上の場合は年間4万フィジードル(約270万円)以上の年収。
※フィジーの指定銀行に10万フィジードル(約680万円)を預金しなければならない。
帰国時(ビザ解消時)に引出し可能。

更新頻度

3年後との更新

問い合わせ先

◆フィジー諸島共和国大使館◆
   〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 ノアビル14F
   Tel :03-3587-2038
   Fax:03-3587-2563
   http://www.fijiembassy.jp/jp/index.html
  【業務時間】
   9:00-5:00(休館日:土日、祝祭日、フィジーの祝祭日)

ページトップへ

▲ 国別リタイアメントビザ情報へ戻る

▲ トップページへ戻る